2005年07月25日

エピソード3でエピローグ

土曜日某オレンジのページのオフ会で梅田へ出かけた。
その際に「ISLAND」と「STAR WARS」のどちらかを見よう!と決めていた。
集合は堂島アバンザ19:45。

16:50からの作品を観ても充分間に合うだろう。

期待していた「ISLAND」であったが、公開当日の感想を見ても
あれれ?
なんだか面白いという反応がいまひとつ。
試写会も観てないし。
とりあえず、無難に「エピソード3」にした。
ep3-thumb.jpg
 旧北野劇場・・今はナビオプレックスという名前に変わっているのか。昔はここで親と一緒に「ドラえもんのび太の恐竜」「インディージョーンズ」などを観た。その他にも「GHOST BUSTERS」他色々と観た想い出の深い映画館だ。
チケットを購入する。
結構、並んでるなぁ・・カップルの中に独男一人でチケット購入を待つ姿はとても恥ずかしい。心の中では・・

「俺にもつきあうくらいの女性はおるねん。一人で映画が観たい派やねん。こらこら何を変な目で見ておる。」

と変に自意識過剰になってしまうので不思議だ。で、2館上映になっていたので10分差で開始時間が遅いほうを選んだ。遅い方は小さい映画館になるらしい。

でも、北野劇場だし・・小さいって言ってもそんなにも小さくないだろうとタカをくくっていた。

・・が実際にはミニシアター並の小さなスクリーン。
映画が始まると5.1chも効かないサウンド・・orz
しかも周囲の席はスカスカなのに隣に誰かが座っている。
おいおいこんな席用意するかよ・・・普通は一つぐらい席を隣の人と空けて勧めるるだろう。
とそうも言ってられないウチに映画は始まった。


ネタバレにもなるかも知れんがまぁいいだろう。
言える事は、この作品に関しては大きなスクリーンで観ろ!
そして、SDDSをガンガン効かせた音響下でサウンドを聴け!
という事である。

しまった・・なぁ・・これならもう一度見直した方がいいなぁ。


ストーリーはさすがにしっかりしているので、頭の中でも整理しやすい。
次のエピソード4を知っているだけになんだかドラクエ3を観ているようである。
「ああ・・こうなるのね」
と・・。


ただアナキンがダークサイドに堕ちていくのがあまりにも安易過ぎないか?
あれだけ苦悩した割には裏切る時は、なんの躊躇いもなく
師匠を裏切る。
嫁も裏切る。

おいおい・・少しはダークサイドに堕ちても悩めよ。
自分の息子に会った時には結構最後の部分で悩んでたのに・・。

ともあれ最後にはダースベイダー誕生までの秘話がわかる訳ではあるが
最後はなんだか無理矢理ダースベイダーになった!という感じがするなぁ・・。

映像美はさすがなんだけど、全体的にCGを使いすぎているような気もする。
昔のエピソード4〜を思い出しながら観るとなんだか

「造り込んでます!」
という感じがしない。
戦闘機のデティール等がすごく薄っぺらく感じるのだ。
模型でもいい。
やっぱり物体の質感はカメラではごまかせない。


だってCGでモーフィングを利用したAVが作られたら興奮すると思う?




ソリャ・ソーダ・・


ともあれルーカスのエピローグ作品かも知れないのでSWファン・映画ファンとして観ておいて損はない。
posted by ソリャ・ソーダ監督 at 13:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5346126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。